おまとめローンの基礎知識

複数の業者から借金をしていることを多重債務といいますが、この多重債務状態に陥ってしまいますと月に何度も支払日がきてその都度返済額を用意して…というように返済額を工面することだけでなく、お金の管理にも頭を悩ませることになります。そんな方におすすめなのが、おまとめローンです。おまとめローンというのは複数の業者から借りている借金を借り換えによって一本化する方法のことです。そのためには、カードローン 返済方法を学ぶ必要があります。

 

おまとめローンによって借金を一本化することができれば、支払先が一つになるためとにかく返済が楽になります。今までのようにお金の管理に月に何度も頭を悩ませるようなことがなくなるわけですね。

 

また小口の借入をいくつもしている状態ですと、それぞれが高い金利になってしまい、支払う利息もばかになりません。しかしおまとめローンを利用することで、まとまった額の一つの借入となれば、適用される金利も引き下げられ利息負担の圧縮が期待できます。今よりも低金利なローンにまとめられれば一層効果は上がりますね。

 

おまとめローンは最長返済期間がカードローンよりも長めに設定されているものも多く、返済期間が長くなることで月々の返済額を減らすことも可能です。また返済期間などバラバラだったローンを一度仕組み直すことで、完済までの目標を立てやすくなり生活リズムを取り戻すことにもつながります。

 

おまとめローンはまとまった額の融資になりますので、金融機関側にとってもリスクの高い商品です。審査は厳しいケースも多くありますが、多重債務に陥っている状況であれば、返済に行き詰まるのも時間の問題ですので早めの段階でおまとめローンに踏み切りましょう。

おまとめは自力で返済する最後のチャンス

おまとめローンを利用するということは、自力で返済できる最後のチャンスです。複数の業者からの借金状態、いわゆる多重債務に陥りますと、その多くは返済に行き詰まるようになり、やがては弁護士や裁判所など法律の手を借りてその借金を整理するといった流れになっていきます。自己破産や任意整理など、いわゆる債務整理ですね。

 

債務整理となりますと、方法にもよりますが借金が減額されたり免除されたりということで借金についての悩みはある程度、ある意味では解決するのかもしれません。しかし、それにともなって失うものも大きくなります。車やマイホームなど財産を手放さなければならなくなったり、あらたにお金を借りたいと思っても借金ができない、またクレジットカードが使えないといったことも出てきます。

 

つまり、多重債務に陥っている状態で、制限などを受けることなく今と変わらない生活を送りたいというのであれば、返済に行き詰まる前に自力返済できるように借金をまとめて返済しやすくするおまとめローンの利用が最後の砦になるのです。

 

多重債務に陥っていた場合でも、おまとめローンを利用しなくてもなんとか完済できる目処があるというのであれば良いかもしれません。しかし、借金を一本化することでひとまず月に何度もあった返済日をまとめることができますし、金利が今よりも低くなることや返済期間を長くして月々の支払い額を少なくすることなども期待できます。おまとめローンは借金を自力返済しやすく、ある意味借すっきりと整理するようなものなのです。借りたお金をきちんと返すために、おまとめローンを利用してみてはどうでしょうか。

どの時期におまとめローンに踏み切るべきか?

おまとめローンにするタイミングはいつなのでしょうか。複数の借入先からの借金を一本にまとめることができるおまとめローン。複数の借金を抱えたままですと精神的にも経済的にも苦しくなってきます。おまとめローンを利用したらきっと楽になるかも…とは思っても、まだ平気だろう、と思っている方も多いのではないでしょうか?おまとめローンにはどのタイミングで踏み切るべきなのでしょうか。

 

結論から言ってしまいますと、おまとめローンは思い立ったらすぐに踏み切ってしまってもよいと言えるでしょう。というのも、おまとめする側、おまとめローンを扱う金融機関側の気持ちになって考えてみてください。返済が今にも滞りそう、あるいは既に返済が遅れているような方に対して、3社4社から総額で何百万円という借金を肩代わりしてあげる気になるでしょうか?なりませんよね。

 

おまとめローンはある程度のまとまった額の融資になることが前提のローンです。そのため、ローン審査は甘くはありません。審査に通るためには返済が厳しくなったギリギリの状態で申込をするよりも、ある程度まだ返済に余裕がある状態のうちに申込をしておいたほうがいいというわけです。

 

では具体的にはどのくらいが目安なのか?これはおまとめする金融機関ごと審査の厳しさが違うために一概には言えないのですが、一般的には他社借入件数は3社まで、と言われています。ですので4社目に申込をしようと思うのであれば、その前におまとめローンの利用を検討しましょう。

更新履歴